鶴岡八幡宮の源平池の蓮の見頃は7月中旬から8月中旬くらいまで

鶴岡八幡宮 源平池の蓮 神社訪問・参拝レポート

夏に鶴岡八幡宮に訪れるのなら見て欲しいのが、源平池に咲く蓮の花です。

年によっても開花の時期は異なりますが概ね6月後半くらいから9月上旬くらいまで、蓮の花を見ることが出来ます。

ただ見頃となると7月中旬くらいから8月中旬くらいまでです。

毎週2回は鶴岡八幡宮に参拝に訪れている管理人が、鶴岡八幡宮の源平池の蓮の見頃について紹介します。

鶴岡八幡宮の源平池の蓮について

鶴岡八幡宮の三の鳥居

鶴岡八幡宮の入口とも言える三の鳥居をくぐると左右に参道が分かれていて、その左右に池があります。この池を源平池と言います。

厳密には、上記写真の右側(東側)が源氏池、左側(西側)が平家池です。

源頼朝の妻であった北条政子が命じて作られたという伝承が残っています。

旗上弁財天社

右側の源氏池には、旗上弁財天社があります。

伝承では、北条政子が源家の繁栄祈願のために池を作らせ、東の池(源氏池)には白い蓮を、西の池(平家池)には赤い蓮を植えさせて、源平の旗の色を表したと伝えられ、源平池と名付けたとされています。

参考:源平池碑 

そのためか元々は、源氏池に赤い(ピンク)の蓮が多く、平家池には白の蓮が多かったそうですが、現在は混ざり合って、両方の池にピンクと白の蓮が混在して咲いています。

源平池の蓮の見頃は?7月中旬くらいから

鶴岡八幡宮の源平池の蓮は、年にもよりますが6月中旬~後半くらいから咲き始めます。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

上記は2021年6月29日に撮影したものです。白い蓮が咲いているのがわかると思います。この年は少し開花が早かったので6月後半から蓮をかなり見られるようになりました。

ただこの時期の蓮は、池の中心に咲いていることが多く、望遠でなければ撮影出来ないような距離にありました。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

上記の写真は2021年7月13日に撮影したものです。6月下旬に比べて咲いている花の数が増えてきています。

また池の端、撮影出来るくらいの距離に咲くようになってきていました。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

上記写真は2021年8月11日に撮影したものです。この時は池のいろいろなところに咲くようになっています。

ただ8月に入ってくると6月7月に咲いていた蓮の花托(かたく)と呼ばれる部分が黒ずんできて、見栄えが悪くなってきます。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

具体的には上記の写真のように咲いていた蓮の花びらが散ると、花の横にある緑っぽい色の花托だけになって、それが黒ずんできます。

この花托が綺麗に蓮の花だけを撮りたい時に邪魔になってきます。

だから8月に入ってからよりも7月の中旬くらいの方が綺麗に見えますし、実際に写真に撮ってみると7月中に撮った蓮の方が綺麗に写っているものが多くなっていました。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

また8月以降だと、実際に撮影した時は綺麗でも、拡大して見ると結構薄汚れているように見えることが多くなります。

蓮の花には虫がよくよってくるので、虫が写り込んだり、虫の死骸が乗っていたり

だから理想的には7月中旬から8月上旬くらいまでの間に見た方が綺麗に見えますし、写真も綺麗です。

出来るだけ早い時間がおすすめ

蓮の花を見るのなら出来るだけ早い時間がおすすめです。遅くとも11時くらいまでが理想です。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

蓮の花は朝早くから開花しますが、咲き始めの頃は、お昼くらいになると閉じてしまいます。

個体にもよりますが、3~4日で散っていくので、お昼過ぎに咲いている蓮というのは、もう散る寸前の蓮です。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

散る寸前の蓮の花はやはり花弁の色が変色してきていることが多く見た目は綺麗でも写真に撮ると変色してきていることがわかります。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

もっとも散り際でも綺麗な蓮もあるので、出会えるか運次第のところはあります。

なお少し変わった蓮がみたい!ということであれば、鶴岡八幡宮から徒歩15分ほどの距離にある永福寺跡の中尊寺ハスもおすすめです。ただし7月までで8月は咲いていないことが多いと思います。

蓮の花手水も

鶴岡八幡宮 蓮の花手水

この時期、鶴岡八幡宮の手水舎では蓮の花手水も行われます。

鶴岡八幡宮 蓮の花手水

蓮の花びらと手水がとても涼しげな気分にさせてくれます。

鶴岡八幡宮 蓮の花手水

池の蓮だけでなく、手水舎の蓮も是非見てください。

鶴岡八幡宮へ蓮の花を見に行こう

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

実際にはいくら見頃に訪れる計画をしていても、強風が吹いたり大雨がふって状況が一変することもあるので、運次第というところは大きいです。

鶴岡八幡宮 源平池の蓮

でも7月8月の鶴岡八幡宮の見どころと言えば、蓮の花であることは間違い無いので、夏に鶴岡八幡宮に来るということであれば是非、蓮の花を楽しんでください。

なお蓮だけでなく、もっと鶴岡八幡宮を楽しみたい!ということであれば、8月8日前後に訪れるのがおすすめです。

その頃は、鶴岡八幡宮の雪洞祭が行われます。

朝早くに鶴岡八幡宮に立ち寄り、昼間は海や山の比較的涼しいところへ遊びに行き、帰りに再び鶴岡八幡宮で雪洞を見るというコースが良いのではないでしょうか?

以上、鶴岡八幡宮の源平池の蓮の見頃についてでした。

鶴岡八幡宮

  • 住所:〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
  • TEL:0467-22-0315
  • 御朱印:あり
  • 参拝可能時間:10~3月・6:00~21:00/4~9月・5:00~21:00
  • 社務所受付時間:10~3月・6:30~20:30/4~9月・5:30~20:30

コメント

タイトルとURLをコピーしました