鎌倉市十二所にある神社

鎌倉市十二所にある神社

鎌倉市内でももっとも東部にある鎌倉市十二所に神社は3社あります。

十二所の鎮守とされている神社は、十二所神社です。はじめ弁天は、山中にあるため参拝には登山を伴います。

また3ヶ所の内、大江稲荷とはじめ弁天のご本尊は明王院という寺院にあります。

鎌倉の神社一覧

はじめ弁天(初め弁天・はじめ弁財天)

はじめ弁天は、鎌倉市十二所の山中に鎮座する神社です。山道を10分ほど歩いていかないとたどり着けない神社で、参拝をするのには少し大変です。江戸時代、江戸から江ノ島見物に来た時に最初に立ち寄る弁天社ということで「初め弁天」の名がついたとされています。
鎌倉の神社一覧

大江稲荷

大江稲荷は、鎌倉市十二所に鎮座する非常に小さな神社です。稲荷とつくので御祭神(主祭神)は、倉稲魂神(宇迦之御魂神)と思われるかもしれませんが「鎌倉殿の13人」の1人となる大江広元を御祭神とする神社です。ただし神事は明王院と呼ばれるお寺が行っている少しかわった神社です。
鎌倉の神社一覧

十二所神社(鎌倉市十二所)

十二社神社は、鎌倉市十二所に鎮座する、13世紀創建と伝わる歴史ある神社です。鎌倉の中でもかなり中心部から離れており、普段は参拝に来る方も少ないですが、定期的に手入れされていることがわかる神社で、地元の方に大切にされています。御朱印は八雲神社(大町)でいただくことが出来ます。
タイトルとURLをコピーしました