春の鶴岡八幡宮・神苑ぼたん庭園の牡丹の花を見てきた

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹 神社訪問・参拝レポート

普段は閉鎖されている鶴岡八幡宮の神苑ぼたん庭園、桜が咲く頃に公開されるようになり4月中旬くらいから牡丹の花を楽しめるようになります。

4月の下旬に差し掛かった頃に、神苑ぼたん庭園で牡丹の花を見てきたので、その時の様子や牡丹の見頃について紹介します。

神苑ぼたん庭園のぼたんについて

神苑ぼたん庭園は、鶴岡八幡宮の源氏池(旗上弁財天社がある池)にある庭園です。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園 入口

神苑ぼたん庭園 斎館側入口

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園 入口

神苑ぼたん庭園 太鼓橋側入口

入口は、鶴岡幼稚園の近く・斎館と呼ばれる茶室がある方と、三の鳥居(入口)の近く・太鼓橋と呼ばれる橋の横の2ヶ所があります。

  • 鶴岡幼稚園の近く・斎館と呼ばれる茶室がある方の入口
  • 三の鳥居(入口)の近く・太鼓橋と呼ばれる橋の横の入口

年に数回の公開が行われますが、例年だと1月1日の元旦から2月中旬までの正月牡丹と呼ばれる冬に咲かせた牡丹の花を公開する時と、3月下旬から5月上旬の桜と春に咲く牡丹の花を公開する時です。

  • 元旦(1月1日)から2月中旬まで
  • 3月下旬から5月上旬まで

稀に無料で拝観できることもありますが、通常は拝観料がかかります。

神苑ぼたん庭園の拝観料案内

拝観料は、2022年は統一で300円でした。

以前は、大人500円・高校生以下200円(同伴の小学生以下は無料)でした。

また拝観時間は、2022年の春は10:00~16:30になっていました。

以前は、9:00~16:30でした。

拝観料や拝観時間は年によって変化するのですが、鶴岡八幡宮の公式サイトにはここ数年掲載されないので、鶴岡八幡宮に電話で確認してください。

  • 住所:〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
  • TEL:0467-22-0315

拝観料が無料になるのは、だいたい桜も散って、牡丹も散って、ツツジも散って、花が何も無くなってしまった場合のことが多いです。

なお2022年の冬・正月は公開されませんでした。

神苑ぼたん庭園の牡丹の見頃

鶴岡八幡宮の牡丹

神苑ぼたん庭園の牡丹の見頃は、冬はほぼ固定ですが、春はかなりズレることもあります。

冬の正月ぼたんは、温室で育ててきた牡丹なので、お正月から楽しめます。ただお正月以降の天候次第で早く散ってしまうこともあり、2月にはあまり咲いていないこともあります。

春の牡丹は、年によって、また見頃となる少し前の天候によって異なることもありますが概ね4月中旬から下旬にかけてです。

早く咲く時は、桜が散ってきた頃・4月上旬に咲くこともありますし、遅い時はゴールデンウィークの後半でも楽しめることがあります。

鶴岡八幡宮の神苑ぼたん庭園の牡丹の様子

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

新緑・青もみじが美しいゴールデンウィーク前の4月下旬に訪れました。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

入ってすぐに和傘と椅子が置かれていて、なんか和の雰囲気があります。

八重桜も見頃

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

最初に目に入ってきたのは八重桜

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の八重桜

鶴岡八幡宮は4月中旬くらいから下旬くらいまで、八重桜が楽しめます。

和傘と牡丹

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

少し先に進むと白い和傘がいくつも見えてきます。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

牡丹の上に和傘を立て、直射日光や雨を遮るようにして、花をなるべく長く咲かせよとしているようです。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

ただ和傘と牡丹、そして青もみじなどの新緑がとても素敵な雰囲気を醸し出しています。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

美しい青もみじと色とりどりの牡丹、そして白い和傘、素敵だと思いませんか?

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

ついつい和傘を夢中になって撮影してしまうかも。

もちろん牡丹も素敵です。

色とりどりの牡丹

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

白と赤のマーブル模様の牡丹

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

中心になればなるほど赤くなる牡丹

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

ほんのりピンクの牡丹

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

淡い青紫の牡丹

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

もちろん赤と白の定番の色の牡丹もあります。

散策も楽しい神苑ぼたん庭園

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

4月中旬から下旬は、青もみじの新緑も一番綺麗な頃です。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

鎌倉は海が近いので、5月後半から6月になってくると塩害で青もみじの発色が悪くなってくることもあります。

だから4月中の青もみじの方が色がクリアな分、綺麗に見えることが多いです。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

ところどころに上記のように赤い布がかけられたベンチも置かれているので、疲れたら休めますし、座って綺麗な牡丹や青もみじを楽しめます。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園

また池に面したところにも置かれていて、ゆっくりと景色を楽しむことも出来ます。

湖石の庭と石筍

神苑ぼたん庭園に2ヶ所、変わった石が置かれているところがあります。

1つが「湖石の庭」と呼ばれるところ、もう1つが「石筍」と呼ばれるところです。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の湖石の庭

この石の庭は、中国蘇州市園林管理局・蘇州市古典園林建築公司の造園技術者によって「太湖石」という自然に作られる石を使って造成されたそうです。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の湖石の庭

1984年(昭和59年)に当時の中国駐日大使夫妻よって日中友好の願いを込めて寄贈されたそうです。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の石筍

上記の写真が石筍です。こちらも1994年(平成6年)に中国蘇州市から、湖石の庭10周年と斎館の竣工を記念して寄贈されました。

ツツジも綺麗に咲いている

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園のつつじ

牡丹と同じくらいにツツジも綺麗に咲いてきます。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園のつつじ

赤や紫のツツジも合わせて見てください。なお鶴岡八幡宮のツツジは、段葛と平家池のツツジが綺麗です。

鶴岡八幡宮の牡丹を見に行こう

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

新緑が美しい頃に見頃となる鶴岡八幡宮の牡丹、非常におすすめです。

桜の時期が終わり、GW前の鶴岡八幡宮はそれほど混雑することもなく、特にこのぼたん庭園はより静かで、ゆっくりした空気が流れています。

鶴岡八幡宮 神苑ぼたん庭園の牡丹

ただ1つ気をつけて欲しいのが、蜂やアブです。

この時期は蜂やアブが飛ぶ頃で、牡丹にもよく蜂やアブが蜜を吸いにきており、近づきすぎると刺される可能性があるので、注意してくださいね。

以上、春の鶴岡八幡宮・神苑ぼたん庭園の牡丹についてでした。

同じ頃、ツツジや藤の花も見頃になります。

鶴岡八幡宮

  • 住所:〒248-8588 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
  • TEL:0467-22-0315
  • 御朱印:あり
  • 参拝可能時間:10~3月・6:00~21:00/4~9月・5:00~21:00
  • 社務所受付時間:10~3月・6:30~20:30/4~9月・5:30~20:30

口コミ

タイトルとURLをコピーしました