鎌倉宮のツツジと青もみじの様子と見頃

鎌倉宮のツツジ 神社訪問・参拝レポート

鎌倉宮の境内には4月後半くらいからツツジが咲き、青もみじ(碧もみじ)が美しくなってきます。ちょうどゴールデンウィークになる頃です。

ゴールデンウィーク、4月後半から5月上旬に鎌倉宮へ訪れようかな?という方に、鎌倉宮のツツジの様子や青もみじの様子を写真を添えて紹介します。

鎌倉宮のツツジと青もみじの見頃について

鎌倉宮のツツジ

鎌倉宮のツツジは、年によって、また直近の天候によって左右されますが、概ね4月下旬から5月上旬に見頃となります。

ただし境内の場所によっても4月中に見頃になるツツジもあれば5月に入ってから見頃になるツツジもあったりと、全部が一斉に見頃になる訳ではありませんが、概ね同じ頃です。

なお桜と同じ頃、3月下旬から4月上旬にも鎌倉宮にはツツジが咲きます。

鎌倉宮のミツバツツジ

これはミツバツツジという早咲きのツツジです。青紫でとても淡い感じがする綺麗なツツジです。

鎌倉宮の青もみじ

青もみじ、鎌倉宮はこの時期に「碧もみじ」という限定御朱印を出すことがあるので、鎌倉宮風に言えば「碧もみじ」も概ね同じ頃に美しい時期をむかえます。

鎌倉宮の藤の花

同じ頃に有料拝観エリアにある藤の花(ノダフジ)も見頃になります。

鎌倉宮のツツジの様子

鎌倉宮のミツバツツジ

3月下旬頃から咲くミツバツツジは、境内に入って右側にひっそりと咲いています。桜が散る頃に同じように散っていきます。

そして4月下旬頃から一般的なツツジが開花します。

鎌倉宮のツツジ

鎌倉宮のツツジは境内に点在していますが、最初に目を惹くのは、拝殿に向かって左側、スロープに辺りに咲くツツジです。

赤紫のツツジが綺麗に咲きます。

鎌倉宮のツツジ

次にツツジが綺麗なのは、社務所の前のツツジです。

鎌倉宮 社務所前のツツジ

赤と白のツツジが咲き、鎌倉宮の中では一番ツツジが美しく見える場所です。

鎌倉宮 社務所前のツツジ

紅白のツツジ、とても綺麗なのでフォトスポット用にとベンチが置かれていました。

鎌倉宮のツツジ

鎌倉宮のツツジ

そして拝殿前の二の鳥居の左右にあるツツジは、小さいながらも綺麗に咲いています。

鎌倉宮の青もみじと藤の花

鎌倉宮にはモミジの木が割りと多くあります。

鎌倉宮の青もみじ

境内に入ってすぐ左側にあるモミジを筆頭に4月下旬から5月上旬の季節は、青もみじが非常に綺麗な季節になっています。

鎌倉宮の青もみじ

拝殿へ向かうスロープにかかる大きな青もみじ

鎌倉宮の青もみじ

社務所前にあるモミジも大きく緑が美しいです。

鎌倉宮の青もみじ

晴れた日に、日差しが差し込んで輝く青もみじは清涼感ある美しさです。

有料拝観エリアの青もみじ

ただ鎌倉宮の青もみじは、有料拝観エリアがものすごく綺麗です。

鎌倉宮の有料拝観エリア

300円の拝観料がかかりますが、いつ来てもあまり人が来なくて静かに青もみじをゆっくりと楽しむことが出来ます。

鎌倉宮の青もみじ

ここのモミジの木は非常に高く上の方に葉がついているので、まるでモミジのドームの中にいるような気分になります。

鎌倉宮の青もみじ

木漏れ日で輝く青もみじ

鎌倉宮の青もみじ

ゆっくりと歩きながら、時折ベンチに腰掛けながら、青もみじをゆっくりと楽しみました。

鎌倉宮の藤棚

有料拝観エリアには藤棚もあるのですが、今は全く藤の花は咲いていません。ただし

鎌倉宮の藤の花

藤棚の横に藤の花が咲いています。

鎌倉宮の藤の花

GWくらいだと少し遅いかもしれませんが、綺麗な紫の藤の花を見られます。

鎌倉宮の青もみじ

GW期間中でも、それほど混雑しない鎌倉宮の有料拝観エリア、本当に落ち着ける場所でおすすめです。

鎌倉宮の護良親王が幽閉された土牢

有料拝観エリアには、護良親王が幽閉されたと伝わる土牢もあります。

鎌倉宮のツツジと青もみじを見に行こう

鎌倉宮の青もみじ

GW、鎌倉宮の境内も混雑することがありますが、鶴岡八幡宮などと比べればかなり静かで、特に有料拝観エリアは非常に静かです。

美しい青もみじを存分の楽しめます。

鎌倉宮のツツジ

ツツジも楽しめる鎌倉宮、是非訪れてくださいね。

以上、鎌倉宮のツツジと青もみじの様子と見頃についてでした。

  • 住所:〒248-0002 神奈川県鎌倉市二階堂154
  • TEL:0467-22-0318
  • 御朱印:あり
  • 参拝可能時間:24時間
  • 社務所受付時間:9:00~16:00
  • 拝観時間:9:30~16:30(12月から1月は16時まで・いずれも受付は30分前まで)

口コミ

タイトルとURLをコピーしました