篠田邸(旧村田邸) 鎌倉市景観重要建築物等 指定第3号

篠田邸(旧村田邸) 鎌倉の景観重要建築物等

篠田邸(旧村田邸)は、鎌倉市由比ガ浜にある昭和初期に建てられた洋館風の建物です。

非常に目立つ外観で目にとまり、歴史ある建物であることがわかります。

1991年(平成3年)に鎌倉市景観重要建築物等に指定されています。

篠田邸(旧村田邸) 詳細とアクセス方法

  • 読み方:しのだてい(きゅう むらたてい)
  • 文化財区分:鎌倉市景観重要建築物等
  • 管理団体:個人
  • 住所:〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-21-15
  • TEL:-
  • 見学可能時間:24時間(外観のみ路上から)
  • 見学料:無料
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし
  • トイレ:なし
  • 売店:なし
  • 車椅子対応:なし
  • 公式サイト:篠田邸(旧村田邸)鎌倉市

篠田邸(旧村田邸)へのアクセス方法・行き方

  • 江ノ電「和田塚駅」から徒歩約5分(約400メートル)
  • 江ノ電「由比ヶ浜駅」から徒歩約7分(約500メートル)
  • 鎌倉駅(東口)から徒歩約15分(約1.2km)

公共交通機関で訪れるのがおすすめです。

篠田邸(旧村田邸)の歴史・由緒

篠田邸(旧村田邸)の歴史・由緒

この建物は、昭和5年(1930年)に建てられた和風住宅の増築部として建築されました。篠田邸は、浄明寺の旧華頂宮邸とともに鎌倉のハーフティンバースタイルの住宅を代表するもので、周囲にひときわ高くそびえる切妻屋根やブラケットの刳形、壁面の装飾、英国調の付柱などが華やかな雰囲気を醸しだしています。

  • 建設年:昭和8年(1933年)
  • 設計者:大林組
  • 施行者:大林組

*刳形は「くりがた」と読みます。建築物、家具の部分装飾の一つ、表面を凸凹のついた曲面に刳ったものとされています。

元々とは、昭和5年(1930年)に横浜興信銀行(現横浜銀行)常務取締役であった村田繁太邸として建てられた和風住宅に、昭和8年(1933年)に増築部として洋館が作られたものです。

昭和36年(1961年)8月に、国文学者の故篠田太郎氏の所有となり現在に至っています。

昭和57年(1982年)11月、同一敷地内の和風平家から出火、和風平家は全焼、洋館も一部被災したそうです。

当初、洋館の取壊しも検討されましたが、建物に慣れ親しんできた付近住民の強い要望もあり、昭和58年(1983年)7月に創建時の姿に復旧されました。

篠田邸(旧村田邸)の車椅子・障害者対応

一般公開されていないため、車椅子の対応そのものも行われていませんが、一般道に面しているため、一般道からなら車椅子でも見ることが出来ます。

篠田邸(旧村田邸)の関連リンク

現状なし

篠田邸(旧村田邸)のフォトギャラリー

篠田邸(旧村田邸)

篠田邸(旧村田邸)

篠田邸(旧村田邸)

篠田邸(旧村田邸)

篠田邸(旧村田邸)

篠田邸(旧村田邸)

篠田邸(旧村田邸)

篠田邸(旧村田邸)

篠田邸(旧村田邸)

コメント

タイトルとURLをコピーしました