かいひん荘鎌倉洋館(旧村田家住宅・国登録有形文化財・景観重要建築物等 )

かいひん荘鎌倉 鎌倉の国の登録有形文化財

かいひん荘鎌倉洋館(旧村田家住宅)は、鎌倉市由比ガ浜にある大正時代に建てられた洋館です。

国指定の登録有形文化財・鎌倉市景観重要建築物等にもなっています。

現在は旅館として利用されており、登録有形文化財の部屋にも宿泊出来ます。

なお国指定登録有形文化財は「かいひん荘鎌倉洋館(旧村田家住宅洋館)」として洋館部分のみが登録されており、鎌倉市景観重要建築物等は「かいひん荘鎌倉」として全体が登録されています。

かいひん荘鎌倉洋館 詳細とアクセス方法

  • 読み方:かいひんそうかまくら ようかん
  • 文化財区分:登録有形文化財(国)・景観重要建築物等
  • 管理団体:法人
  • 住所:〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-8-14
  • TEL:0467-22-0960
  • 見学可能時間:見学不可(宿泊等の利用のみ)
  • 見学料:-
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし(宿泊時はあり)
  • トイレ:なし(宿泊時はあり)
  • 売店:-
  • 車椅子対応:宿泊で事前連絡すれば対応可(部屋は1階のみになる)
  • 公式サイト:かいひん荘かまくら

かいひん荘鎌倉洋館へのアクセス方法・行き方

  • 江ノ電「由比ヶ浜駅」から徒歩約2分(約110メートル)

公共交通機関で向かうことをおすすめします。

かいひん荘鎌倉洋館の歴史・由緒

かいひん荘鎌倉洋館の歴史・由緒

かいひん荘鎌倉は、近代に流行した和風を主体とした洋館付き大規模住宅建築物です。この建物の特徴は、洋館部の大きさと数多く設けられた出窓です。また急勾配の切妻屋根の上に丸い屋根が架けられ、華やかな印象を与えています。

用幹部は内外ともに創建当時の姿をとどめており、趣きのある和館部とあいまって、往時の雰囲気を彷彿させる貴重な存在です。

  • 建設年:大正13年(1924年)
  • 設計者:不詳
  • 施行者:不詳

元々は、大正13年(1924年)に富士製紙社長の村田一郎氏邸として建てられました。昭和27年(1952年)に旅館となりました。

かいひん荘鎌倉洋館の車椅子・障害者対応

宿泊で事前に連絡をしておけば車椅子でも対応してもらえます。建物そのものは車椅子対応にはなっていません。

かいひん荘鎌倉洋館の関連リンク

かいひん荘鎌倉洋館のフォトギャラリー

かいひん荘鎌倉

かいひん荘鎌倉

かいひん荘鎌倉

かいひん荘鎌倉

かいひん荘鎌倉

かいひん荘鎌倉

かいひん荘鎌倉

かいひん荘鎌倉

かいひん荘鎌倉

コメント

タイトルとURLをコピーしました