北条義時の墓(法華堂跡 )

島津忠久の墓・大江広元の墓・毛利季光の墓 鎌倉の国指定史跡

北条義時の墓は、鎌倉市西御門にある法華堂跡と呼ばれる国指定史跡にあります。

観光マップ等では「法華堂跡(源頼朝の墓・北条義時の墓)」と一緒にされていますが、源頼朝の墓からは100メートルほど東にあり、訪れてみると別の場所のように感じます。

なお墓としてのわかるようなものはなく、草木が茂る山の中の平な場所です。

北条義時の墓 詳細とアクセス方法

北条義時の墓

  • 読み方:ほうじょうよしときのはか
  • 文化財区分:国指定史跡
  • 管理団体:鎌倉市
  • 住所:〒248-0004 神奈川県鎌倉市西御門2-5
  • TEL:0467-61-3857(鎌倉市文化財課)
  • 見学可能時間:24時間(夜は非常に危険)
  • 見学料:無料
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし
  • トイレ:なし
  • 売店:なし
  • 車椅子対応:なし
  • 公式サイト:なし

北条義時の墓へのアクセス方法・行き方

  • JR鎌倉駅から徒歩約22分(約1.6km)
  • 鎌倉駅から京急バス「鎌23・24・36・20」系統に乗車、「岐れ道」下車・徒歩約5分
  • 鶴岡八幡宮「馬場元(東側鳥居)」から徒歩約10分(約700メートル)

駐車場が無いため公共交通機関で向かうことをおすすめします。

鎌倉駅からは少し遠いですが、鶴岡八幡宮を経由して荏柄天神社鎌倉宮へ向かう途中にあるので、鎌倉散策なら気にならない距離です。

北条義時の墓の歴史・由緒

北条義時の墓の歴史・由緒

この平場は、鎌倉幕府第2代執権の北条義時の法華堂(墳墓堂)が建っていた跡です。

北条義時は、父の時政や姉の政子らとともに源頼朝による幕府の開創を助けました。

承久3年(1221年)の承久の乱においては、後鳥羽上皇方を破り、これ以降、鎌倉幕府は全国的な政権としてより強固なものとなりました。

義時が貞応3年(1224年)に62歳で没しました。「吾妻鏡」には、源頼朝の法華堂の東の山上を墳墓の地とし、そこに新法華堂(義時の法華堂)を建てたことが記されています。

義時の法華堂は鎌倉時代の終わりには途絶えたようですが、平成17年(2005年)に行われた発掘調査もより、8.4m四方の平面正方形の建物跡が確認され、「吾妻鏡」の記述が裏付けられました。

北条義時の墓とされる場所にある説明板に書かれていたものが上記の説明文です。

なお、北条義時は2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の主人公となります。大河ドラマでは、小栗旬さんが北条義時を演じます。

北条義時の墓の車椅子・障害者対応

北条義時の墓は、車椅子・障害者対応にはなっていません。

急な階段もしくは荒れた階段を上ることが必要なため、車椅子では向かうことが出来ません。

北条義時の墓の関連リンク

北条義時の墓のフォトギャラリー

北条義時の墓

北条義時の墓

北条義時の墓

北条義時の墓

北条義時の墓

北条義時の墓

北条義時の墓

北条義時の墓

北条義時の墓

コメント

タイトルとURLをコピーしました