伝上杉憲方墓

鎌倉の国指定史跡

伝上杉憲方墓は、鎌倉市極楽寺にある国指定史跡です。

上杉憲方は、南北朝時代から室町時代初期(1335年生誕・1394年死没)にかけての武将・守護大名です。

非常にわかりにくい場所にあり、小さな史跡ですが、極楽寺に訪れた時に立ち寄って欲しい場所です。

伝上杉憲方墓 詳細とアクセス方法

  • 読み方:でんうえすぎのりかたのはか
  • 文化財区分:国指定史跡
  • 管理団体:鎌倉市(土地所有は個人)
  • 住所:〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺1-2-7
  • TEL:0467-61-3857(鎌倉市教育文化財部文化財課)
  • 見学可能時間:24時間(夜は危険)
  • 見学料:無料
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし
  • トイレ:なし
  • 売店:なし
  • 車椅子対応:なし
  • 公式サイト:なし

伝上杉憲方墓へのアクセス方法・行き方

  • 江ノ電「極楽寺駅」から徒歩約2分(約130メートル)

極楽寺駅から歩いていくのがおすすめです。

ただ非常にわかりにくい場所にあります。

伝上杉憲方墓の入口

極楽寺駅から成就院に向かう途中、桜橋とのT字路を右折してすぐにあるアパートの入口が伝上杉憲方墓への入口となります。

伝上杉憲方墓の入口

普通にアパートの入口にしか見えませんが、突き進んでいくと伝上杉憲方墓に到着します。

伝上杉憲方墓の歴史・由緒

伝上杉憲方墓の歴史・由緒

この場所はかつて西方寺と呼ばれる寺院の一角であった。 極楽寺切通の出入口付近の斜面を人工的に削り、方形に造り出した空間に石塔が建ち並んでいる。上杉憲方の墓と伝えられる安山岩製七重層塔1基を中心に、その妻の墓塔と伝えられる凝灰岩製層塔1基と、凝灰岩製五輪塔4基、 その他五輪塔の残欠が散在する。

七重層塔の現存高は約290cm で、相輪の頂部を欠いているが、全体的な残存状況は良好である。 塔身に浮き彫りされた金剛界四仏の様相や、均整の取れた塔全体の形から、13世紀前半 頃のものと推定される。

上杉憲方 (1335-94) は山内上杉氏の祖であり、 武蔵国・安房国などの守護や鎌倉公方を補 佐した関東管領を務めた。 山ノ内に所在する明月院の開基としても知られる。 この七重層塔を上杉憲方の墓とするには年代が合わないが、 彼の墓が極楽寺にあると伝えられ、 また、この付近に 永和5年(1379) 銘の彼の逆修塔 ( 生前供養のための塔) も存在することから、この地が彼の 墓所であるとの伝承が残されている。

上記のように説明板には書かれています。

伝上杉憲方墓の伝は「伝承」を意味しており「伝承-上杉憲方の墓」ということになります。

伝上杉憲方墓の車椅子・障害者対応

入口に階段があり、車椅子での見学は難しくなっています。

伝上杉憲方墓の関連リンク

伝上杉憲方墓のフォトギャラリー

伝上杉憲方墓

伝上杉憲方墓

伝上杉憲方墓

伝上杉憲方墓

伝上杉憲方墓

伝上杉憲方墓

伝上杉憲方墓

伝上杉憲方墓

伝上杉憲方墓

コメント

タイトルとURLをコピーしました