正伝庵(正傳庵・円覚寺塔頭)

正伝庵 鎌倉のお寺・寺院

正伝庵は、鎌倉市山ノ内・いわゆる北鎌倉に鎮座する円覚寺の境内塔頭(塔所)です。

原則、拝観不可となっており特別拝観もほぼ行われていないようで、円覚寺の中ではかなり謎とされています。

入口には「大用國師塔所」という石塔があり、余計にわかりにくくなっています。

正伝庵 詳細とアクセス方法

  • 読み方:しょうでんあん
  • 住所:〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内439
  • TEL:0467-25-5962
  • 御朱印:不明
  • 写経:なし
  • 参拝可能時間:一般参拝不可
  • 寺務所受付時間:不明
  • 拝観時間:通常拝観不可
  • 拝観料:拝観不可(円覚寺の拝観料 大人500円 / 小中学生200円)
  • 駐車場:なし
  • 駐輪場:バイク・なし/自転車・なし
  • トイレ:不明
  • 宗派・宗旨:臨済宗円覚寺派
  • 本尊:宝冠釈迦如来
  • 山号:-
  • 院号:-
  • 寺号:-
  • 正式名:円覚寺塔頭 正伝庵
  • 別称:-
  • 創建年:貞和4年(1348年)
  • 開山:明巌正因
  • 開基:-
  • 公式サイト:なし

正伝庵としていますが、法人登録における名称は「正傳庵」となっています。

正伝庵へのアクセス方法・行き方

正伝庵は円覚寺内にあり、円覚寺までは円覚寺のアクセス方法をご覧ください。

円覚寺 アクセス情報

円覚寺の総門(入口)からは、概ね5分(約300メートル)です。北鎌倉駅からでもプラス2分くらいです。

正伝庵の拝観について

原則、拝観不可です。

入口だけ見たいという場合は、円覚寺の拝観料が必要になります。

特別拝観も行われた様子が無いようです。

正伝庵の由緒・歴史

  • 貞和4年(1348年):明巌正因の塔所として万寿寺(廃絶)に開創される
  • 文和3年(1354年)。:円覚寺に移される

入口にある「大用國師塔所」(大田國師塔所と読めますが)は、かつてあった塔所です。

大用國師は、誠拙周樗禅師と言い、円覚寺の中興開山とされています。

1783年(天明3年)に円覚寺前堂首座に就任し、荒廃した円覚寺の伽藍や宗派の勢を復興し、現代の円覚寺の基礎を築いたと言われています。

正伝庵のご本尊とご利益

  • 本尊:宝冠釈迦如来

ご利益・御功徳は下記のことがよく言われています。

  • 子宝祈願・安産祈願
  • 学問成就

正伝庵の厄除け・厄年について

一般参拝不可のため、一般的には行っていません。

正伝庵の代表的な行事・お祭・縁日

確認中

正伝庵の文化財について

  • 木造明巌正因坐像:国指定重要文化財
  • 木造 伝釈迦如来坐像:鎌倉市指定有形文化財

正伝庵の車椅子対応・バリアフリー対応

階段があるため、車椅子での参拝は出来ません。

正伝庵の御朱印と札所

札所にはなっていません。

御朱印の所在は不明です。

正伝庵の関連リンク

正伝庵の墓地について

Google Mapの航空写真で見る限り、墓地はありそうですが一般墓の募集は行われていません。円覚寺の関係者の墓地のみとなっているようです。

正伝庵のフォトギャラリー

*パソコンならクリックで拡大

正伝庵

正伝庵

正伝庵

正伝庵

正伝庵

正伝庵

正伝庵

正伝庵

正伝庵

コメント

タイトルとURLをコピーしました