萩の寺とも言われる宝戒寺へ萩の花と彼岸花の見頃となる9月初秋に参拝してきた

寺院訪問・参拝レポート

鶴岡八幡宮からもほど近い宝戒寺は、「萩の寺」と言われるほど萩の花が有名なお寺です。

萩の花は年によっても異なりますが、宝戒寺では9月中旬くらいが見頃になるので、彼岸花の鑑賞と合わせて9月の中旬、まだ残暑ある初秋の宝戒寺へ参拝してきました。

その時の様子を写真を添えてお伝えします。

宝戒寺の萩の花

鶴岡八幡宮の入口とも言える三の鳥居から徒歩3分ほどで到着する宝戒寺、萩の花の季節は参道に萩の花の枝が伸びて参道を半分くらい埋めています。

9月中旬の宝戒寺

9月中旬の宝戒寺参道

宝戒寺

6月上旬の宝戒寺参道

6月上旬と9月中旬の宝戒寺の写真を比べてもらうと木々の葉が落ちてることと、萩の枝が参道にかなり飛びてているのがわかります。

9月の宝戒寺の参道

参道の萩の花は青っぽい紫色です。

宝戒寺の萩の花

まだ蕾も多く、薄紫というか青っぽい紫色の儚い花が咲いていました。

受付で拝観料を支払い境内へ

宝戒寺の萩の花

受付から先になると萩の花は白いものが多くなります。

宝戒寺の萩の花

それほど咲いてはいませんでしたが、十分に萩の花を楽しめます。

宝戒寺の本堂と萩の花

本堂の前も参道が萩の花で狭くなっています。

宝戒寺

6月初旬の宝戒寺

9月中旬の宝戒寺

9月中旬の宝戒寺

見比べてもらうと様子が全く違うのがわかります。新緑の6月の方が好きという方もいると思いますが、初秋の萩の花が咲く宝戒寺もまた良いと思いませんか?

宝戒寺の萩の花

小さな花ですが、趣があって、秋らしさを感じさせてくれました。

9月中旬の宝戒寺と萩の花

もう少し満開になり、天気も良ければすごく景色も良さそうです。

宝戒寺の彼岸花は赤と白

9月の宝戒寺

萩の花と同じ頃、ちょうどお彼岸の頃、宝戒寺では彼岸花も見頃をむかえます。

宝戒寺の彼岸花

通常、彼岸花と言えば赤色を想像する方が多いと思います。実際、宝戒寺でも赤い彼岸花を見ることは出来ます。

宝戒寺の白い彼岸花

更に白の彼岸花も同じくらい咲いています。

年によっても異なりますが、訪れた時は白い彼岸花の方が多くありました。

宝戒寺の白い彼岸花

赤い彼岸花は美しいですが、妖艶な感じが強い花です。対して白い彼岸花は淡い感じがして見ていて落ち着く感じがします。

宝戒寺の白い彼岸花

この日、境内には10人くらいの人が来ていましたが、萩の花よりも白い彼岸花を一生懸命撮影している人の方が多くいました。

宝戒寺のオレンジの彼岸花

また黄色っぽいというかオレンジっぽい色の彼岸花も咲いていました。

白式部やヒツジグサ(スイレン)も見られる宝戒寺

同じ日、白式部やヒツジグサも見ることが出来ました。

宝戒寺の白式部

丸い白い花が咲くのが白式部です。紫色のものもありますが、その場合は紫式部と言います。

宝戒寺のヒツジグサ

本殿前の天水盤にはヒツジグサ(スイレン)の花も咲いていました。

他にも名前がわからない花がいくつか咲いていて、9月の中旬頃の宝戒寺は7月8月よりも花が美しく感じられました。

初秋の宝戒寺へ行こう

宝戒寺の白い彼岸花

残暑の残る9月・初秋の宝戒寺はいろいろな花が見られて非常に楽しめます。

ちょうどお彼岸にかかるくらいの時期で、鎌倉はお彼岸のお墓参りで人が増える時期ではありますが、8月に比べて暑さも和らぐ頃で、散策もしやすくなります。

9月の宝戒寺に参拝して花を愛でてみませんか?非常におすすめです。

以上、9月初秋の宝戒寺・参拝レポートでした。

  • 住所:〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町3-5-22
  • TEL:0467-22-5512
  • 御朱印:あり
  • 写経:あり(1000円~)
  • 参拝可能時間:平日9:30~15:30/土日祝 9:00~16:30
  • 寺務所受付時間:参拝時間と同じ
  • 拝観時間:参拝時間と同じ
  • 拝観料:大人300円・中学生200円・小学生100円

コメント

タイトルとURLをコピーしました