ゴールデンウィークの安国論寺の新緑がとても綺麗だった

安国論寺の青もみじ 寺院訪問・参拝レポート

ゴールデンウィーク、鎌倉市大町にある安国論寺は新緑・青もみじがまさに見頃となっている時期です。

でも混雑しているのでは?と思うかもしれませんが、GWに安国論寺に訪れる人が多くなく、比較的ゆっくり出来ます。

安国論寺の新緑・青もみじの様子を写真を添えて紹介します。

安国論寺の新緑・青もみじの見頃について

安国論寺の新緑

新緑・青もみじの見頃と言えば5月から6月くらいと思う方が多いですが、鎌倉の場合は4月中旬から5月上旬が最も美しい時期とよく言われます。

その理由は、海に近い鎌倉は潮風が吹くため木々の葉に塩がつく塩害により、葉の発色が悪くなっていくことがあるためです。

だから新緑になって間もない4月中旬から5月上旬がもっとも新緑が美しい時期と言われます。

安国論寺の新緑と青もみじ

安国論寺の銀杏の新緑

鎌倉駅方面から安国論寺に向かうと最初に目に飛び込んでくるのが、ライムグリーンが美しい銀杏の木です。

大きな銀杏の木の新緑が安国論寺の場所を教えてくれます。

安国論寺の山門

安国論寺の山門前、ここで一旦停まって中を見てください。

安国論寺の山門からの景色

山門が額縁のようになって中の景色が新緑を描いた絵画のように見えます。

安国論寺の青もみじ

拝観料を支払い、境内に進むと青もみじの美しさがより明確にわかります。

安国論寺 本堂前の青もみじ

そして本堂前の青もみじが午前中なら太陽の照らされ輝いているように見えます。

安国論寺の青もみじ

本堂でお参りをして振り返ると御小庵と呼ばれる建物があり、その前にも青もみじがあります。

安国論寺 日朗聖人荼毘所の青もみじ

本堂の奥に進むと日朗聖人荼毘所というお堂がありますが、このお堂の前に青もみじがあり、お堂にかかって鎌倉らしい景色を描いています。

安国論寺の新緑

更に奥に進んでいくとより、新緑が濃くなっていきます。

安国論寺の南面窟

安国論寺の最奥、南面窟まで来ると鬱蒼と茂る新緑の景色が見られますよ。

GWは安国論寺へ新緑を見に行こう

GW中の鎌倉は非常に混雑します。

ただ安国論寺のある辺りは、あまり観光で訪れる人が多くないエリアです。

もちろん普段よりは安国論寺も人が来ますが、午前中であればそれほど多くの人が来なくて、比較的ゆっくり出来ます。

安国論寺の富士見台からの景色

また安国論寺には富士見台と呼ばれる場所があり、天気がよく空気が澄んでいれば富士山も見られることがあります。また鎌倉の海も見渡せます。

安国論寺の新緑

是非、安国論寺の美しい新緑・青もみじを見に来てください。

以上、ゴールデンウィークの安国論寺の新緑の様子でした。

  • 住所:〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町4-4-18
  • TEL:0467-22-4825
  • 御朱印:あり
  • 写経:なし
  • 参拝可能時間:9:00~16:30
  • 寺務所受付時間:9:00~16:30
  • 拝観時間:9:00~16:30

なお、新緑だけでなくもっと独自な景色が見たい!という方は、鎌倉駅から安国論寺に来る途中にある安養院がおすすめです。この時期、ツツジが見事に咲いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました