勝長寿院旧蹟碑(勝長壽院舊蹟碑)

勝長寿院旧蹟碑 鎌倉 旧跡碑(鎌倉町青年団石碑)

勝長寿院旧蹟碑(勝長壽院舊蹟碑)は、大正時代に鎌倉町青年会によって建てられた史跡碑・旧跡碑です。

鎌倉市雪ノ下にありますが、地元の人しか通らないような場所にあります。

勝長寿院は、源頼朝が建立した寺院であり、鎌倉時代には鎌倉の三大寺社の1つとされていました。

勝長寿院旧蹟碑 詳細とアクセス方法

勝長寿院旧蹟碑

  • 読み方:しょうちょうじゅいんきゅうせきひ
  • 文化財区分:なし(旧跡碑)
  • 住所:〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下4-6-20
  • 建立:1917年(大正6年)3月
  • TEL:-
  • 見学可能時間:24時間
  • 見学料:無料
  • 定休日:なし
  • 駐車場:なし

勝長寿院旧蹟碑へのアクセス方法・行き方

  • 鎌倉駅から京急バス「鎌23・24・36・20」系統に乗車、「岐れ道」下車・徒歩約5分(約400メートル)
  • 鎌倉駅(東口)から徒歩約21分(約1.7km)

道が狭く駐車場が無いため、公共交通機関で訪れるのがおすすめです。

勝長寿院旧蹟碑の写真と碑文と意味

勝長寿院旧蹟碑

勝長寿院旧蹟碑

 

院ハ文治元年
源頼朝ノ先考義朝ヲ祀ランガ為ニ草創スル所
一二南御堂又大御堂ト言フ
此ノ地ヲ大御堂ケ谷ト言フハ是ガ為ナリ
實朝及政子モ亦此ノ地二葬ラレタリト傳ヘラルレドモ
其墓今ハ扇ケ谷壽福寺ニ在リ

管理人訳

勝長寿院は文治元年(1185年)に、源頼朝が父の義朝を祀るために創建しました。
南御堂とも大御堂とも言います。
この辺りを大御堂ヶ谷と言うはこのためです。
実朝(頼朝の子)と政子(北条政子・妻)もこの地に埋葬されたと伝えられますが、それらの墓は今、扇ガ谷の寿福寺にあります。

勝長寿院は鎌倉時代、鎌倉の三大寺社と言われており、三大寺社は永福寺・鶴岡八幡宮(鶴岡八幡宮寺)・勝長寿院の3つと言われています。

勝長寿院旧蹟

碑の横には勝長寿院跡の石塔や、源義朝の墓・鎌田政家の墓があります。墓は恐らく後に作られたものでしょう。

勝長寿院旧蹟碑付近の観光スポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました