稲村ヶ崎(関東の富士見百景)

スポンサーリンク
稲村ヶ崎からの眺め 鎌倉の海と浜と港

稲村ヶ崎は、史跡としても名高い場所ですが、関東の富士見百景・かながわの景勝50選にもなっている絶景スポットです。

江ノ電「稲村ヶ崎駅」からもほど近く、簡単に立ち寄れる場所で、海と富士山と江ノ島を同時に見られることで多くの人が訪れます。

海浜公園にもなっており、ピクニックとして訪れるのにも良い場所です。

スポンサーリンク

稲村ヶ崎 詳細とアクセス方法

  • 読み方:いまむらがさき
  • 施設管理者:鎌倉市 他
  • 住所:〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-19 他
  • 電話番号:-
  • 営業時間:24時間
  • 駐車場:なし
  • トイレ:あり
  • 売店:なし
  • 車椅子対応:なし
  • 公式サイト:なし

稲村ヶ崎の場所とアクセス方法・行き方

  • 江ノ電「稲村ヶ崎駅」から徒歩約5分(約350メートル)

有料駐車場は近隣にありますが、江ノ電で来るのがおすすめです。また、シェアサイクル等、自転車で来るのもおすすめです。

稲村ヶ崎の景勝地等の登録状況

  • 関東の富士見百景
  • かながわの景勝50選

関東の富士見百景は、2005年(平成17年)に、国土交通省関東地方整備局が主催して選定したもので、鎌倉市からはここと浄明寺緑地が選ばれています。

かながわの景勝50選は鎌倉市内だと、ここ稲村ヶ崎と十王岩からの展望、光明寺裏山の展望が選ばれています。

稲村ヶ崎からの展望とおすすめの時期

稲村ヶ崎に訪れるのにおすすめの時期と現地から撮影した写真です。

稲村ヶ崎へのおすすめの時期

年間を通じて美しい景色が見えますが、春から秋にかけては晴れていても富士山が見えない日も多くなるため、富士山と江ノ島を一緒に見たい!ということであれば11月くらいから2月くらいまでの晴れた日がおすすめです。

なお稲村ヶ崎は紫陽花でも有名なので、富士山が見える確率は少ないですが6月中旬頃もおすすめです。

稲村ヶ崎からの展望・フォトギャラリー

稲村ヶ崎 全景

稲村ヶ崎 全景(七里ヶ浜側)

稲村ヶ崎 全景(坂ノ下海岸側)

稲村ヶ崎 全景(坂ノ下海岸側)

稲村ヶ崎からの眺め

稲村ヶ崎からの眺め(1月中旬)

稲村ヶ崎からの眺め

稲村ヶ崎からの眺め(1月中旬)

稲村ヶ崎からの眺め

稲村ヶ崎からの富士山(1月中旬)

稲村ヶ崎からの眺め

稲村ヶ崎からの眺め(1月中旬)

稲村ヶ崎の先

稲村ヶ崎の先端

稲村ヶ崎

稲村ヶ崎 海岸側

稲村ヶ崎からの眺め

稲村ヶ崎からの眺め(10月後半)

稲村ヶ崎の伝承と関連リンク・訪問レポート

稲村ヶ崎の伝承にについては、「稲村ヶ崎(新田義貞徒渉伝説地) 」をご覧下さい。

稲村ヶ崎の関連リンク

稲村ヶ崎への訪問レポート

稲村ヶ崎の詳細や実際に稲村ヶ崎を訪れた時の訪問レポートです。

稲村ヶ崎の紫陽花の様子と見頃

コメント

タイトルとURLをコピーしました