鎌倉の道・通り

スポンサーリンク
鎌倉の道・通り

すこやか通り

すこやか通りは、鎌倉市玉縄の住宅街を東西に結ぶ通りです。鎌倉市・市制五十周年記念事業の道名標がある通りですが、なぜこの道が選ばれたのかが不思議なほど一般的な道です。観光で訪れる人はほぼいないエリアですが、交通量は割りと多くなっています。
鎌倉の道・通り

西鎌倉並木通り

西鎌倉並木通りは、西鎌倉の住宅街を弧を描くように東から南へ結ぶ一般道です。東側からは腰越配水池の圧倒的な存在感が伝わり、南側の起点には湘南モノレールが通っています。観光で訪れる人は少ないエリアですが、交通量は割りと多くなっています。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

ハイランドさくら道の紫陽花の様子と見頃

鎌倉市浄明寺・鎌倉市十二所から逗子市久木をつなぐハイランドさくら道、春の桜は有名ですが、紫陽花も色鮮やかに咲いています。観光で訪れることは少ない場所ですが、車で通った時にでも紫陽花を楽しんで欲しい場所です。実際の紫陽花の様子を写真を添えて紹介します。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

砂押川プロムナードの紫陽花の様子と見頃

大船駅からもほど近い砂押川プロムナードには、数多くの紫陽花が植えられており、6月になると道に沿って紫陽花が咲き誇ります。遊歩道沿いに咲いているので、ゆっくりと歩きながら紫陽花を楽しめます。砂押川プロムナードの紫陽花の見頃や実際の様子を写真を添えて紹介します。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

鎌倉湖畔通りの紫陽花の様子と見頃

鎌倉でも観光で訪れる人が少ない今泉・今泉台にある「鎌倉湖畔通り」は、道に沿って紫陽花が植えられており、梅雨時になると紫陽花を見ながら歩くことが出来ます。鎌倉市内でも紫陽花が植えられている通りとしては、点在して咲いているものの最長クラスです。
鎌倉の道・通り

鎌倉湖畔通り

鎌倉湖畔通りは、鎌倉市今泉から鎌倉市今泉台を結ぶ約2kmの一般道です。約3分の1くらいに紫陽花が道に沿って植えられており、梅雨時になると紫陽花が続く道になります。鎌倉の中でも観光に訪れる人が少ないエリアにある通りのため、割りと静かな道です。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

法華堂近くの初夏の桜道は紫陽花が美しい通り・見頃や様子を紹介

春は桜が美しいこと法華堂跡近く、清泉小学校の横の道である桜道、初夏は紫陽花が綺麗に咲くことでも知られています。年によってアジサイの花付きは異なりますが、例年6月上旬から中旬にかけて訪れる人を和ませてくれます。桜道の紫陽花のの見頃や実際の様子を写真を添えて紹介します。
鎌倉の道・通り

田楽辻子のみち

田楽辻子のみちは、金沢街道(県道204号線)の大御堂橋交差点から滑川方面に入ったところから報国寺まで続く道です。どこにでもある住宅街の道に見えますが、古都・鎌倉らしさも垣間見えます。交通量の多い金沢街道を歩くのを避けて報国寺などに向かう時に利用する人もいます。
鎌倉の道・通り

お宮通り

お宮通りは、金沢街道(県道204号線)の岐れ道交差点から、鎌倉宮までの約450メートルの道です。古都鎌倉の面影はあまりありませんが、途中には荏柄天神社があったり、瑞泉寺や覚園寺へ繋がる道のため土日ともなると多くの人が通ります。ただし歩道がない割には交通量も多く、少し歩きにくい道です。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

高野台バス停・ロータリーの八重桜並木が綺麗だった

大船駅から大船高校へ向かうバスの終点「高野台バス停」はロータリーになっていますが、そのバス停付近は、八重桜並木があり春になると美しい花を咲かせます。六国見山森林公園や高野の切通に向かう時にでも、見て欲しい八重桜です。実際の桜の様子や見頃を写真を添えて紹介します。
鎌倉の道・通り

大船高校入口交差点から高野台バス停までの通り(仮称・大船高校通り・高野陸橋)

大船高校入口交差点から高野台バス停までの通りは、正式な通り名がありませんが、高野陸橋(通称)あたりからの大船方面を一望出来る景色を見に来ている人もいます。陸橋を超えたあたりからの景色は「かまくら景観百選」にも選ばれ、高野台バス停付近は春になると八重桜が美しく、魅力のある通りです。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

鎌倉山さくら道の桜の様子と見頃、注意点

鎌倉の桜の名所として紹介されることもあり鎌倉山さくら道、桜の季節ともなると多くの人が訪れます。高級別荘地として昭和初期に造成された鎌倉山をぐるっと囲むように通る道には、多くの桜があります。実際の桜の様子や見頃を写真を添えて紹介します。また注意点についても説明します。
鎌倉の道・通り

鎌倉山さくら道

鎌倉山さくら道は、鎌倉市笛田から鎌倉市鎌倉山を結ぶ約2.5kmの一般道です。道には約240本もの桜が植えられており、春になると桜の名所として多くの人が訪れます。ただし歩道がない割には大型車も通り交通量も少なくないため、観光に適した通りにはなっていません。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

みどりのプロムナード(桜のプロムナード)の桜の様子と見頃

七里ガ浜東の住宅街の中央にあるみどりのプロムナード(桜のプロムナード)、春になると桜が咲き、訪れる人を魅了しています。地元の人くらいしか来ることの無い場所ですが、桜並木が非常に美しい場所です。実際に訪れて撮影した写真をもとに、桜の様子や見頃について紹介します。
鎌倉の道・通り

みどりのプロムナード・桜のプロムナード

みどりのプロムナード(緑のプロムナード)は、七里ガ浜東の住宅地にある約500メートルもの遊歩道です。南側の商店街に面した遊歩道は「桜のプロムナード」とも名付けられています。四季折々花が咲き、この地域に住む人の憩いの場・コミュニケーションの場にもなっています。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

砂押川プロムナードの桜の様子と見頃

大船駅からもほど近い砂押川プロムナードには桜の木が数多く植えられており、春になると桜が溢れんばかりに咲き誇り、多くの人が訪れて桜を楽しんでいます。川沿いに桜並木があるところが少ない鎌倉の中で、貴重な存在です。砂押川プロムナードの桜の見頃や実際の様子を写真を添えて紹介します。
鎌倉の道・通り

砂押川プロムナード

砂押川プロムナードは、大船郵便局・イトーヨーカドー大船店の北側を流れる砂押川の周りに整備された遊歩道です。近隣の方の生活道路として使われていますが、春になると川沿いに数多くの桜が咲き、お花見スポットとしても人気です。現在は約500メートルの区間ですが、将来的には1km以上の長さとなる予定です。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

ハイランドさくら道・逗子鎌倉ハイランドの桜の様子と見頃

鎌倉市浄明寺・鎌倉市十二所から逗子市久木をつなぐハイランドさくら道や逗子鎌倉ハイランドは、鎌倉エリア最大の桜の名所として春になると多くの人が訪れます。坂道が多い場所のため、変わった桜並木の光景を楽しめるのが特色です。実際の様子や見頃を写真を添えて紹介します。
鎌倉の道・通り

ハイランドさくら道

ハイランドさくら道は、鎌倉市十二所の明石橋交差点から逗子市の久木ハイランド入口交差点までを結ぶ約2kmの通りです。名前の通り、春になると通りに植えられた桜が咲き誇り、美しい桜並木となり多くの人が桜を見に訪れるようになります。
鎌倉の道・通りの訪問レポート

法華堂近くの桜道の桜の様子と見頃

鎌倉市内には桜並木の綺麗な通りがいくつかありますが、その中で観光スポットに行く時に通りやすいのが鶴岡八幡宮からほど近い場所にある桜道です。東西南北に約250メートル(合計500メートル)ほどの長さに数十本もの桜が植えられ、通る人を魅了しています。
鎌倉の道・通り

桜道(鎌倉市雪ノ下・西御門)

桜道は、法華堂跡や大蔵幕府旧跡碑、清泉小学校付近の道です。南北に約250メートル、東西にも約250メートルの道で春になると桜、初夏になると紫陽花が咲き、通る人を魅了します。鶴岡八幡宮から法華堂跡や荏柄天神社、鎌倉宮に訪れる時に通ることが多いです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました