鎌倉のおすすめの切通とおすすめしない切通

切通に関すること

鎌倉の文化を知る上で、切通は非常に大切です。だからこそ切通を見に行こう!と思っている方もいると思いますが、数ある切通の中でどこの切通を見に行けば良いんだ?と思うかもしれませんね。

鎌倉市内の切通をほぼ見てきた管理人が、おすすめの切通とおすすめしない切通を理由も含めて紹介します。

おすすめ1位・朝夷奈切通

朝夷奈切通

おすすめ1位は、鎌倉市と横浜市にまたがる鎌倉七口の1つにもなっている朝夷奈切通です。

鎌倉幕府第3代執権であった北条泰時の指揮のもと作られたと言われる切通で、スケールも美しさもすべてにおいて、鎌倉の切通においてNo.1と言えます。

朝夷奈切通

岩を切り出してつくる切通ですが、当然地面も岩の部分がありますが、その岩の道と普通の土の道の両方を体験出来るのも朝夷奈切通の特徴です。

紅葉の朝夷奈切通

初夏は新緑、秋は紅葉も楽しめる切通で四季の美しさも楽しめます。

欠点は少し時間がかかること

朝夷奈切通は本当におすすめですが、欠点は時間がかかることです。というのも横浜市から鎌倉市にまたがる切通なので、全区間を歩くと30分近くかかります。

また基本的に山道なので、最低でもスニーカーは必須です。

またバスで移動して見ることになるため、バスの移動時間も考えるとどうしても時間がかかります。

時間があまり無いから、サクッと切通を見たいという人にはあまりおすすめ出来ません。

と言っても全行程でバスの待ち時間を含めても、鎌倉駅から出発して横浜市側から入り、鎌倉駅に戻ってくるのであれば3時間もあれば大丈夫です。

  • おおよその住所:〒248-0001 神奈川県鎌倉市十二所
  • 管理団体:鎌倉市
  • TEL:0467-61-3857(鎌倉市文化財課)
  • 見学可能時間:24時間(夜は非常に危険)
  • 見学料(入場料):無料

おすすめ2位・名越切通

名越切通 第一切通

おすすめ2位は、逗子市と鎌倉市にまたがる、鎌倉七口にもなっている名越切通です。

鎌倉の文化を知る上で、切通もありますが、やぐらもあります。

期間限定にはなってしまいますが、名越切通には鎌倉周辺エリアで最大規模となる「まんだら堂やぐら群」というやぐらもあり、切通とやぐら、鎌倉の文化・歴史を知る上で重要な史跡を同時に見ることが出来ます。

まんだら堂やぐら群

まんだら堂やぐら群

欠点はアクセスが悪く少し時間がかかること

名越切通の欠点は、朝夷奈切通同様、時間がかかることです。アクセスの悪さは朝夷奈切通以上なので、より時間がかかります。

時間があまり無いということだと少し厳しくなります。

とは言え、全区間を見ても鎌倉駅をバスで出発しても3時間で見られます。

散策もかねて、鎌倉らしい景色・自然を楽しむ旅行ならイチオシの切通です。

  • おおよその住所:〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町5-19 / 逗子市小坪1
  • 管理団体:鎌倉市・逗子市
  • TEL:0467-61-3857(鎌倉市文化財課)
  • 見学可能時間:24時間(夜は非常に危険)
  • 見学料(入場料):なし

おすすめ3位・長窪の切通

長窪の切通

長窪の切通は、あまり有名ではない切通ですが、非常に切通らしい美しい切通です。

サクッと10分もかからずに往復出来てしまうコンパクトさでありながら、切通を十分に味わえます。

切通らしさとは、むき出しの絶壁となっている左右の岩肌、そして弧を描くように作られていること、この2つを見事に表わしているのが長窪の切通です。

駐車場は無いので車だと不便ですが、バイクを持っているのならバイクで来て、さっと見学していけるのが良い点です。

  • おおよその住所:〒247-0054 神奈川県鎌倉市高野4-5
  • 管理団体:不明
  • TEL:-
  • 見学可能時間:24時間(夜は危険)
  • 見学料(入場料):なし

おすすめ4位・谷戸坂の切通(女坂)

谷戸坂の切通(女坂)

谷戸坂の切通(女坂)も非常にコンパクトな切通で、長窪の切通同様、往復でも10分もかからずに見られるのが良い点です。

また切通らしさである、むき出しの絶壁となっている左右の岩肌、そして弧を描くように作られていることも兼ね揃えています。

長窪の切通に比べて少し坂がきついですが、距離はそれほど無いので、あまり気にならないと思います。

近くに大きな飲食店等があるので、昼食も兼ねるのであれば駐車場を利用させてもらって見に行くことも可能です。

  • おおよその住所:〒248-0036 神奈川県鎌倉市手広2-36付近
  • 管理団体:-
  • TEL:-
  • 見学可能時間:24時間(夜は非常に危険)
  • 見学料(入場料):なし

おすすめ5位・高野の切通

高野の切通

高野の切通も大きくはない切通ですが、往復でも30分もかからずに見られる小規模さがおすすめの理由です。

長窪の切通や谷戸坂の切通も良いことには良いのですが、コンパクト過ぎる点で満足度が低くなるかもしれません。

朝夷奈切通や名越切通は大きすぎて時間がかかり過ぎるので、時間が無い人には選びにくいということがあります。

しかし高野の切通は大き過ぎず小さ過ぎない、適度な大きさで散策気分も楽しめながら美しい切通が見られるので、おすすめです。

  • おおよその住所:〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船2033
  • 管理団体:-
  • TEL:-
  • 見学可能時間:24時間(夜は危険)
  • 見学料(入場料):なし

万人におすすめする切通・亀ヶ谷坂切通

亀ヶ谷坂切通

亀ヶ谷坂切通は、鎌倉七口にも数えられる切通ですが、道は舗装されているので、介助者がいれば車椅子でも見ることが出来ます。

また山道・舗装されていない道はちょっと…という方でも安心して通れます。

それでいて、切通らしさもある道なので、万人におすすめしやすい切通です。

更に北鎌倉から鎌倉駅方面へのショートカットコースにもなっているので寺院巡りをしているのなら、ついでに立ち寄るというのもおすすめのコース上にあります。

  • おおよその住所:〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷3/山ノ内1520 付近
  • 管理団体:鎌倉市
  • TEL:0467-61-3857(鎌倉市文化財課)
  • 見学可能時間:24時間(夜はやや危険)
  • 見学料(入場料):なし

おすすめしない切通

おすすめの切通もあれば、おすすめしない切通もあります。特に有名だから行ってみたらがっかりするかも…という切通で、おすすめしない切通を紹介します。

巨福呂坂切通

巨福呂坂洞門

巨福呂坂切通は、鎌倉七口の1つとして非常に有名な切通ですが、近代化され切通らしさは、既にありません。

ただの坂道にしか感じられないと思います。

北鎌倉と鶴岡八幡宮を結ぶ道路なので、移動のために通るのは良いとしても切通として見に行くとがっかりすると思う切通No.1です。

  • おおよその住所:〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-7 付近
  • 管理団体:部分的に鎌倉市
  • TEL:0467-61-3857(鎌倉市文化財課)
  • 見学可能時間:24時間
  • 見学料(入場料):なし

極楽寺坂切通

極楽寺坂切通

極楽寺坂切通も巨福呂坂切通同様、鎌倉七口の1つとして非常に有名な切通ですが、近代化され切通らしさは、ほとんどありません。

成就寺の境内の参道から見ると少し切通らしさは感じるものの、切通を期待して通るとがっかりします。

むしろ平行してある成就院の参道からの景色の方が素晴らしいため、観光で鎌倉に来たのなら、成就院の参道を歩いて欲しいくらいです。

  • おおよその住所:〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺1-1
  • 管理団体:鎌倉市
  • TEL:0467-61-3857(鎌倉市文化財課)
  • 見学可能時間:24時間
  • 見学料(入場料):無料

おすすめはしてないけど歴史を感じにいける

巨福呂坂切通も極楽寺坂切通も、おすすめはしていませんが歴史がある切通です。

特に鎌倉幕府滅亡となった新田義貞の鎌倉攻めでは激戦地となったと言われています。

そういった意味では歴史を感じにいける場所だと言えます。

鎌倉七口を全部見ておきたい、期待はしてないけど近くに行くから見ておこう、ということであれば、立ち寄って欲しい切通です。

以上、鎌倉のおすすめの切通とおすすめしない切通についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました