二階堂・十二所エリア

鎌倉の切通

市境広場近くの切通

天園ハイキングコースから横浜市の「金沢市民の森」へ抜けるハイキングコース上、市境広場の近くに切通が点在しています。特に名称はありませんが、鎌倉市と横浜市の境界線上にある切通で、1ヶ所は綺麗な切通になっています。
鎌倉の切通

覚園寺切通

覚園寺切通は、覚園寺手前からの天園ハイキングコース・覚園寺口からのルート上にある切通です。正式な名称が無いため、覚園寺切通としています。大きな切通ではありませんが、天園ハイキングコースの本ルート(百八やぐら)に行くまでに数箇所、切通が見られます。
鎌倉の切通

獅子舞切通(獅子舞谷切通・紅葉谷切通)

獅子舞切通(獅子舞谷切通・紅葉谷切通)は、永福寺跡の更に奥、一般的では無い天園ハイキングコースへと繋がる私有地も通るハイキングコース上にある切通です。正式な名称はなく、獅子舞切通・獅子舞谷切通・紅葉谷切通などと呼ばれることが多くなっています。
鎌倉の切通

釈迦堂切通

釈迦堂切通は、鎌倉市大町6丁目と浄明寺1丁目を結ぶ、衣張山の西側の麓にある切通です。大町側の入口には巨大な洞門があり、異世界への入口のような雰囲気を醸し出す素晴らしい遺構となっています。残念ながら1977年(昭和52年)から崩落の危険性から立入禁止となっています。
鎌倉の切通

朝夷奈切通

朝夷奈切通は、鎌倉を代表する7つの切通「鎌倉七口」の1つです。切通の半分は横浜市金沢区にあります。非常に美しく切通らしい切通の姿で残っており、散策・ハイキングで訪れる人も多くなっています。なお現在の地名に合わせて「朝比奈切通」と呼ばれることもあります。
タイトルとURLをコピーしました