旭屋本店の豆大福は絶品!頼朝・政子・実朝もなか等の手土産にもおすすめの和菓子も多数

現在の状況のため紹介している店舗・施設の営業時間や休業日が変更になっている場合があります。必ず公式サイトをご確認ください。
旭屋本店 豆大福 スイーツ

古都・鎌倉だから和菓子もきっと美味しいと思う方は多いのではないでしょうか?

出来れば鶴岡八幡宮辺りの有名な観光スポットから近くて美味しい和菓子が食べたい、手土産に買いたい…という方におすすめなのが、旭屋本店です。

中でも食べて欲しいのが名物にもなっている「豆大福」です。手土産には鎌倉らしい名称がついた「頼朝もなか」「政子もなか」「実朝もなか」がおすすめです。

どこにあって、何がおすすめなのか、実際に食べた感想まで写真を添えて紹介します。

旭屋本店は創業110年以上の老舗・鶴岡八幡宮からも近い

鎌倉 雪ノ下 旭屋本店

旭屋本店は明治38年(1905年)創業の和菓子の老舗です。

古都だけに和菓子店も多い鎌倉で100年以上も営業しているというのは、それだけ地元の方に愛されてなければ、とても続きません。

常連も多く人気の和菓子は夕方には売り切れてしまっていることもよくあります。

有名な観光地に行くと外観の良さに入ったお店で失敗したという経験がある人も多いのではないでしょうか?

旭屋本店の外観は上記の写真の通り派手さはなく、どこの町にもありそうな雰囲気ですが、安定感のある外観とも言えますし、外観の派手さ・見た目で勝負していないところも良いと思いませんか?

鶴岡八幡宮の東鳥居からは徒歩2分ほど、距離にして150メートルほどと近く、観光で訪れた人にも便利な場所にあります。

筋替橋碑

お店の前には「筋替橋」(実際には右から左に書かれています)と書かれた大きな石碑があるので、見つけやすくなっているのも良いところです。

旭屋本店 マスコットキャラクター 豆福くん

お店への入口の前に置かれている旭屋本店のマスコットキャラクター「豆福」くんの人形、背中にファスナーがあって、お餅が脱げるようになっているのが面白いです。

旭屋本店の店内の様子と人気商品

旭屋本店の店内

店内に入ると大きなガラスケースがあり、その横に小さな棚があって、普通のお菓子も若干販売されています。

旭屋本店

ほとんどの和菓子は個包装されているか、ガラスケースに入っているので衛生面でも安心して購入出来るのも嬉しいところです。

旭屋本店 豆大福

一番人気で名物の「豆大福」なのですが、これが一番人気!名物!と主張しているので、迷うことなく買えますが、夕方だと売り切れていることもあるので、注意して下さい。

旭屋本店の各もなか

旭屋本店の他の名物と言えば3つのモナカです。

旭屋本店 もなか

  • 頼朝もなか:つぶあん
  • 実朝もなか:こしあん
  • 政子もなか:白あん

旭屋本店 ずんだじょうよ

関東では少し珍しい「ずんだじょうよ」も人気商品です。

ずんだは、だだちゃ豆等の枝豆を使った餡で、じょうよは、つくね芋を使った生地のものです。

旭屋本店の和菓子を食べた感想

実際にいくつかの和菓子を買ってきて食べてみました。

豆大福は絶品

旭屋本店 豆大福

旭屋本店の名物であり一番人気の豆大福、これは本当に絶品!

旭屋本店 豆大福

他の豆大福と外観がかなり違うということも珍しさのですが、それ以上にお餅の食感が本当にふわふわもちもちで、このお餅なら何個でも食べられそう!と思うくらいに美味しいんです。

あんこは甘すぎず、比較的さっぱりとした味わい。豆はしっかりと炊かれていてほんのりとした甘みが感じられます。

餅・餡・豆、この3つが織りなすハーモニーが口の中に多幸を与えてくれること間違いありません!

頼朝もなか

頼朝もなか

頼朝もなか

頼朝もなか

鎌倉幕府を開いた源頼朝の名前がついた「頼朝もなか」はつぶあんの入ったスタンダードなもなかです。

表面には「八幡」と「旭屋」の文字の凹凸があります。

甘すぎないけど、しっかりとあんこらしさが残る味わいです。

実朝もなか

実朝もなか

実朝もなか

実朝もなか

源頼朝の息子である実朝の名前がついたもなかは、うっすら緑色で抹茶の風味がするこしあんのもなかです。

つぶあんは苦手で抹茶が好きな好きな方におすすめの一品です。

政子もなか

政子もなか

政子もなか

政子もなか

源頼朝の正妻であった北条政子の名前がついた政子もなかは、薄いピンクに白あんの入ったもなかです。

頼朝もなかと2つ買って、夫婦もなかとしても良いのではないでしょうか?

ずんだじょうよ

ずんだじょうよ

ずんだじょうよ

宮城や山形あたりだとあたりまえの「ずんだ餡」ですが、関東だと少し珍しいかもしれません。

じょうよの皮で包まれていて、しっとりとした食感とずんだの風味が相まって非常に美味しくいただけました。

おはぎ(季節限定)

旭屋本店のおはぎ

春と秋のお彼岸の時期に登場する季節限定の「おはぎ」です。

お寺が多い鎌倉ですから、お墓も多くお墓参り前に買っていく人も多い「おはぎ」は、しっとりとしたあんことお米の食感が残るご飯が美味しい一品です。

どれもおすすめだけどイチオシはやっぱり豆大福

旭屋本店 豆大福

どれも美味しそうに見えて買うのに迷ってしまうかもしれませんが、イチオシはやっぱり、名物であり一番人気の豆大福です。

手土産として買っていくのなら、頼朝・実朝・政子もなかがおすすめです。

豆大福は月に最低1回は購入して食べています。もっと食べたいけど美味しすぎて癖になるのが怖くて、控えています。

旭屋本店 詳細とアクセス方法

  • 住所:〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下3-3-21
  • 電話番号:0467-22-2622
  • スマホなら上記電話番号タップで電話出来ます
  • 営業時間:9:30~18:00
  • 定休日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
  • 駐車場:なし
  • マップコード:8 247 400*75
  • 公式サイト:旭屋本店

旭屋本店 アクセス方法

  • 鎌倉駅東口から徒歩約13分(約1km)
  • 鎌倉駅から京急バス「鎌23・24・36・20」系統に乗車、「大学前」下車・徒歩約1分
  • 鶴岡八幡宮(東鳥居)から徒歩約2分(約150メートル)

駐車場はありませんが、すぐ裏に有料駐車場があります。鶴岡八幡宮からも近いので鶴岡八幡宮の帰りにでも立ち寄るのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました